FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

確定刑どこまで考慮、裁判員難しい判断

2006年の熊本市の女性殺害事件で懲役16年の刑が確定し服役中だった男が、直前に別の女性も殺害していたとして殺人、死体遺棄罪に問われた事件 の第1回公判前整理手続きが17日、熊本地裁で行われた。本来は連続殺人として裁かれるはずが、発覚が遅れた方の事件だけ裁判員裁判で審理されることに なった。
 刑が確定した事件を今回の裁判で量刑に考慮するかどうか――。専門家の間でも意見が分かれる難題に、裁判員は臨むことになる。
 事件の被告は浜田政二郎受刑者(29)。起訴状では、浜田被告は06年7月20日、熊本市のホテルで同市の洋服店員竹田津美紀さん(当時25歳)を絞殺し、遺体を熊本県植木町の雑木林に遺棄したとされる。
 浜田被告はその6日後、出会い系サイトで知り合った熊本市の女性(当時24歳)を殺害し、遺体を植木町内の草むらに遺棄していた。06年7月29 日に逮捕されたが、竹田津さんの事件は07年1月の遺体発見まで露見しなかった。熊本県警は今年6月、浜田被告を竹田津さん殺害容疑で再逮捕した。弁護側 は起訴事実を認める意向という。
 刑事裁判では「一事不再理」の原則から、一度判決が確定した事件を再び裁くことはできない。裁判員らは竹田津さん殺害事件の量刑を決める際に、判決が確定した殺人事件をどこまで考慮することになるのか。
 首都大学東京法科大学院の前田雅英教授(刑事法)は「量刑は、矯正の可能性など様々な事情から判断する。同種の犯行を繰り返したという事実は、量 刑判断の上で考慮せざるを得ない」と話す。一方、熊本大法学部の岡田行雄准教授(刑事法)は「審理対象の事件のみを見て量刑を判断すべき。既に裁かれた事 件を量刑判断に加えることは、事実上の二重処罰に当たるので妥当ではない」との意見だ。
 浜田被告の弁護人を務める板井俊介弁護士によると、この日の手続きで、地裁側は熊本地検に対し、「確定判決が出ていることを(公判で)どう考慮するのか、意見を聞かせてほしい」と要望、地検側は12月4日の次回手続きで意見を述べる考えを示したという。
 元福岡地裁所長の近藤敬夫弁護士は「今回の裁判はプロでも難しい判断を迫られる。それだけに裁判官の役割が重要になるだろう」とみる。「検察・弁護側双方の主張を、裁判官が裁判員にうまく説明しないと、一方の考え方に引っ張られる恐れがある」と指摘した。

50歳の恋愛白書

チェック:良き妻で良き母でもある50歳の女性が、新たな愛に目覚める共もに新しい人生の始まりを迎える姿を、豪華キャストで描く人間ドラマ。ヒロインは『美しい人』のロビン・ライト・ペン、彼女の若かりしころを人気テレビドラマ「ゴシップガール」のブレイク・ライヴリーが演じる。監督は脚本家のほか映画監督や小説家としても活躍するレベッカ・ミラー。心の病や母娘の確執、パートナーとの関係を絡めながら、出会いと人生の機微をとらえたストーリーに引き込まれる。

ストーリー:誰から見ても理想的な女性、ピッパ・リー(ロビン・ライト・ペン)。50歳まで美しく年を重ね、夫ともうまくいっていた。しかし、若いころのピッパ・リー(ブレイク・ライヴリー)の人生は波瀾(はらん)万丈だった。そして現在、幸せながらも物足りなさを感じていたピッパ・リーだったが、20歳年下のクリス(キアヌ・リーヴス)と出会いったことから変化が訪れる。

「引きこもり型」から「出会い系」にシフト

 9月24日から4日間開催された「東京ゲームショウ2009」は、不況の中18万5030人の来場者を集めた。一部の人気ソフトのデモには行列が連なり、1時間以上も待つ来場客の姿も見られた。初日には、大手ゲームソフト会社、スクウェア・エニックスから今年7月11日に発売されたゲームソフト「ドラゴンクエスト? 星空の守り人」が、発売からわずか約2カ月半で出荷本数400万本を突破したことを発表。1986年から発売されているこのシリーズの中では、最も早く400万本という大台に乗せた。

 実は、ニンテンドーDS向けに開発された最新版には、新しい機能が盛り込まれている。プレーヤー同士が通信機能を使って、すれ違う度に自動で宝のありかなどを示した「地図」などを交換できるものだ。ややもすると部屋に閉じこもりがちなゲームのプレーヤーを街に引っ張り出す策が奏功した。

 東京・秋葉原には、プレーヤー同士のすれ違いの頻度を高めるための出会いの場まで設けられている。あるOLは、「仕事帰りに少しやっていこうと思って」と1人でやってきて無言でゲームをしていた。出会いの場はすでに仮想空間の中に移っているわけだ。
出会いの場もゲームの中に移り始めている
画像のクリックで拡大表示

 ゲームは今や日本を代表する産業である。任天堂の躍進や技術革新をめぐるソニーとの争いなどはビジネス誌でもさかんに取り上げられてきた。しかし、少子化の影響で国内市場は伸び悩んでいる。そこで、今回はビジネスモデルの視点からゲームソフト産業の今後について考える。

 まず、「国内市場」と海外代表の「米国市場」、2つの地域の統計を比較し、日本ゲームソフト業界の実力を把握していこう。
ソフトで米国勢が伸長

 2007年のゲーム産業の国内市場規模は6,879億円(ハード(ゲーム機本体)とソフトの合計)である。一方、米国市場はその2.4倍の1兆 6,601億円である(PCゲームを含めると1兆7,600億円)。ハードとソフトの比率は日米とも約4:6とソフトの方が大きい。(エンターブレイン『ファミ通ゲーム白書2008』)

 主な企業の市場シェアを見るとハードでは、任天堂とソニーという日本企業が国内、米国ともに8?9割の販売台数シェアを誇る。明らかに世界標準を制している。しかし、ソフトの様子は異なる。国内では今も日本企業が9割以上のシェアを占める。だが、米国では、2000年に4割あった日本企業のシェアが2007年には2割まで低下してきた。ちなみにこの間に米国のソフト市場規模は日本の倍以上の規模にまで成長している。

売春婦の客待ち助けた暴力団幹部逮捕 みかじめ料取って見張り容疑

JR町田駅周辺で見張りをするなどして売春目的の女の客待ちを助けたとして、警視庁と神奈川県警は売春防止法違反幇助の疑いで、指定暴力団極東会系幹部、坂本成雄(しげお)容疑者(57)=神奈川県相模原市東林間=ら2人を逮捕した。警視庁によると、坂本容疑者は「平成19年11月ごろからみかじめ料を取って週3?4回巡回していた。売春婦が安心して商売ができるようにやった」と容疑を認めている。

 逮捕容疑は、9月22日夜、同市上鶴間本町の路上で女(36)の周囲を見張るなどして客待ち行為を助けたとしている。

 警視庁保安課によると、町田駅周辺の通称「たんぼ地区」には、常時15?20人の客待ちがいる。同課は今年に入ってから、同地区で客待ちをしていたとして日本人7人を含む20?55歳の女を同法違反の現行犯で逮捕している。

 坂本容疑者らは、女から5千?9千円のみかじめ料を集め、見張りをしていた。集めた金は年約4800万円に上るとみられる。

詐欺:架空請求の被害者から、800万円だまし取る 容疑で2人逮捕 /熊本

◇合同捜査本部

 出会い系サイトの未払い料金を名目に約2000万円を支払った男性から現金800万円をだまし取ったとして県警と愛知県警の合同捜査本部は4日、住所不定、無職、服部秀彦被告(58)=別の詐欺罪で起訴=と東京都新宿区中落合、無職、三浦義秀容疑者(62)を詐欺容疑などで逮捕した。未払い料金は服部被告らの架空請求の可能性が高いとみて調べている。

 容疑は、愛知県刈谷市の男性会社員(61)に「これまでだまされて払った金を取り返してやる」「だまし取ったグループの調べはついた。金が必要だ」などと言って現金800万円をだまし取ったとしている。

 三浦容疑者は現金を引き出す役割で、07年2月から計約1億5000万円を引き出した記録をカレンダーに付けていたという。合同捜査本部は服部被告のグループが04年から約5億6000万円をだまし取っていたとみて調べを進めている。熊本市内でも60歳代の夫婦が2400万円の被害に遭っている。
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。